FC2ブログ
11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 未分類

1ページでわかる 会誌編集部!! 

皆さんは県士会を運営している人たちの事をどのくらい知っていますか?広報部では様々な発行物を手掛けていますが、理事会報告や各部会の動きなどわかりづらいのではないかと感じています。そこで、部会の内部事情をQ&Aでわかりやすく伝えたいと思います。
それでは、今回紹介してもらうのは〝会誌編集部〟です!!宜しくお願いします。

Q会誌編集部はどんな事をしている部会ですか?
A.その名の通り、山形県作業療法士会誌を編集する部会です。
会誌は会員の知識の向上に役立つ企画の提供、研究報告や事例報告の場の提供、県士会が行う様々な事業の広報などを目的としております。
会誌は年1回発行されており、毎年概ね5月頃に県士会員の手元届いていると思います。
具体的な仕事内容としては会誌発行にあたり、企画の立案、投稿論文の案内・受付、査読、原稿依頼、原稿の校正作業など多岐にわたります。


Q.会誌編集部はどんなメンバーで構成されていますか?
A.現在12名で構成されており、メンバーによって役割分担されています。

Q.会誌編集部で大変だと感じる事、やりがいを感じる事を教えて下さい。
A. 大変だと感じることは会員の皆さんが興味を持ち役立つような企画を立てることや、投稿論文がなかなか集まらないときです。
逆にやりがいを感じる時は実際に発刊され製本されたものを手に取ったときや、投稿論文が査読と修正が加わりどんどんいいものになったときです。

Q.最後に、今後の活動で特に注目して欲しい点はありますか?
A.投稿論文は県士会ホームページ投稿フォームより常時受け付けております。我々は全力でサポートいたしますので、論文を書いたことが無い方、どう書けばよいか不安な方でも勇気をもってエントリーしてください。書けばその知識は確実に自分の身になりますし、今後の作業療法士としての実績・財産としてずっと残ります。
是非ともどんどん論文を書き投稿しましょう♪


会誌編集部集合写真

会誌編集部さん!お忙しい中ありがとうございました!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。